どう違うの?DC扇風機 vs AC扇風機 / 電気代でモトをとるには20年?

操体サロンのアミケンです。

5月中旬にしては珍しい、台風が通過して急に暑くなりましたね。
ということで、サロン用の扇風機を選びに電気屋さんにいってきました。

senpuki01.jpg


最近は「DC扇風機 or AC扇風機」という選択肢があるんですね。
なんのことだろう?……と調べてみたら、「DC = 直流モーターの扇風機」「AC = 交流モーターの扇風機」のことなんだそうです。

DC扇風機の売れ筋価格帯は、2万円~3万5000円前後。
AC扇風機だと5000円~8000円前後なので、けっこう差があります。

ファンをクルクル回すだけで、これほど値段の差ががつくもの?…って不思議に思ったのですが、一番大きな違いは消費電力らしいです。

DC扇風機だと、弱運転で1日10時間うごかすと、電気代は0.5円~1円ほど。
AC扇風機だと、1日10円ほどかかるので、10倍以上も違うらしいです。

あと、DC扇風機の方が、静かで柔らかい涼風が送れるっていう特徴もあるみたいです。
それはいいかも。

ひと夏を約100日として、毎日電気代の差が9円……ってことは、年間900円の電気代の差がでるわけですが、DCとACの価格差のモトをとろうと思ったら20~30年は使い続けないといけないので、これは経済性で選ぶというより、風の感触とか機能で選んだ方がよさそうですね。


senpuki0x.jpg


ということで、操体サロンの扇風機はDCタイプにしました。
確かに、ソヨソヨとした涼風が心地よい感じがします(^^)


senpuki03.jpg


ちなみに、ダイソンのスタイリッシュな扇風機もDCなんですが、1日あたりの消費電力は15円ほどらしいです。
これはもう、デザインで選ぶ感じなんでしょうね。

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。さすらいの編集者 & 操体インストラクターのパラレルキャリア。
合同会社GX代表 / オウンドメディア勉強会幹事 / PRSJ認定PRプランナー / 趣味は旅とテニスと料理とサルサ
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー