『シン・ゴジラ』でグっとくる!矢口蘭堂(長谷川博己)のスピーチシーン3選【ネタバレ注意】


映画『シン・ゴジラ』を観てきました。
本当に凄い作品でした。

ネット上には、すでに数多くの力作レビューが掲載されていますね。
それらを読むだけでも、ジワジワ感動が甦ります。

ゴジラの進撃シーンや、それに立ち向かう政府・官邸スタッフ・自衛隊の活躍も胸をうちますが、私が特に印象に残ったのは主役の矢口蘭堂(巨大不明生物特設災害対策本部:巨災対リーダー)のスピーチのシーンたちです。
組織のリーダーたるもの、かくあるべし!……と非常に感激し、心に残ったので、それらを自分への備忘録も兼ねて紹介してみたいと思います。


※以下、ネタバレを含みますので、鑑賞前の方はご注意ください。



巨災対に集められた官邸スタッフたちへの最初のスピーチ

…巨災対事務局長の矢口だ。
本対策室の中では、どう動いても人事査定に影響はない。
なので、役職・年次・省庁間の縦割りを気にせず、ここでは自由に発言してほしい。
そもそも出世に無縁な霞が関の はぐれもの、一匹狼、変わり者、オタク、問題児、鼻つまみ者、厄介者、学会の異端児…そういった人間の集まりだ。気にせず好きにやってくれ!


縦割り組織で、空気を読み合う日本社会では、思い切った言動がとれず、プロジェクトが潤滑に回らないことが多々あるもの。
一方でチームとして歯車がまわり出した時のパワーは図りしれない……そんな日本人の良さを引き出すキーワードが「査定に影響なし!」というのは面白いポイントだなと思いました。


ゴジラの攻撃から命からがら生き残った巨災対メンバーたちへのメンタルケア

先の悲劇から生き残り、チームの半数以上の者たちがここにいることを感謝する。
残念ながらここに来ることができなかった者たちの想いとともに、諸君には頑張ってほしい。
欠員は随時補填していく。家族や友人、同僚を失った悲しみは消えることはない。
…だがそれを乗り越えることはできる。

今は国民のため、対策と、凍結プランの完成に力を注いでほしい。
……頼む!!!


心身ともに絶望感、疲労感、虚無感、悲しみ、不安に面しているだろう部下たちに対して、絶妙の語り口で激励する矢口。
エヴァンゲリオンの主人公・碇シンジが超ネガティブだったのと正反対で、超ポジティブで、接する人々に勇気と奮起を促す語り口が見事でした。
最後のシメが命令口調ではなく、「頼む!」というお願い口調なのが、またグっときますね。



最終決戦にのぞむ自衛隊員たちに向かって

今回のヤシオリ作戦遂行に際し、放射線量の直撃や、急性被爆の危険性があります。
ここにいる者の生命の保証はできません。
……だがどうか実行してほしい!

我が国の最大の力は、この現場にあり、自衛隊は、この国を守る力が与えられている最後の砦です。
日本の未来を、君たちに託します。…以上です。


これから始まる作戦のリスクを、一切隠すことなく説明した上で、隊員たちの使命感を刺激し、また自らも現場の最前線に身をおくことによって、背水の陣であることを示し、一体感を演出する様が見事だと思いました。リーダーにここまで男気を見せられたら、もうやるっきゃない!という気持ちになりますね。


というわけで、『シン・ゴジラ』に登場した心にグっとくるスピーチシーンを3つ選んでみました。
(セリフはうろ覚えなので、間違ってる可能性大です。ご了承ください)

2回目、3回目…をご覧になる方は、ぜひスピーチシーンに注目してもらえたらと思います。
以上、操体サロンのアミケンでした。






この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。さすらいの編集者 & 操体インストラクターのパラレルキャリア。
合同会社GX代表 / オウンドメディア勉強会幹事 / PRSJ認定PRプランナー / 趣味は旅とテニスと料理とサルサ
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー