小野田茂先生をゲストに「指圧っていいとも!」放送しました。

指圧の魅力を発信するオンライン・トーク番組「指圧っていいとも!」の本放送をスタートしました。記念すべき第1回ゲストは、いきなり海外!スペインからお招きしました。浪越指圧ヨーロッパの小野田茂先生です。

主なトピックは下記の通りです。
・スペインでの新型コロナウイルスの影響は?
・治療院や学校の運営状況は?
・世界から見た「SHIATSU」の魅力とは?
・「ジャパニーズ・マッサージ」ではなく「指圧」としてを普及する意義
・指圧界の「天才」「秀才」「鬼才」を選ぶとしたら?
・「自分の指圧」を追求するってどういうこと?
・小野田先生にとって「ターニングポイント」とは?
・ホームシックになった経験は?
・臨床において、指圧と操体法をどのように組み合わせているか?


視聴者アンケート


アンケート結果
視聴者の方々からのコメントをいくつかご紹介します。

海外でのお話がとても興味深かったです!

小野田先生のお話の中にもありました操体法に興味を持ちました。
何を大切に治療を行なっているか分かって良かったです
今日はありがとうございました。もっと海外で指圧を展開されている方のお話をききたくなりました。 
スペインでの小野田先生の近況が分かり、安心をしました。 海外と先生方と情報交換出来るのは、素晴らしいですね。今回も、心より感謝申し上げます。
小野田先生の生のお話が聞けて良かったです。 「指圧」を基礎に日々、精進しようと思います。ありがとうございました。
コロナ対応など、スペインの状況を興味深くお聞きしました。 また、様々な手技を勉強して最後は浪越指圧に戻ったとのお話、学生の間に基本指圧をしっかりおせるように励みたいと思いました。 小野田先生、事務局の方々、どうもありがとうございました。
企画おつかれさまです。「指圧っていいとも」とても良い企画だと思います。 私も最近操体法に触れる機会が多くて、小野田先生からお話が聞けて良かったです。 行ったことことはないけど、スペインは行ってみたい国でしたので、楽しかったです。 本日はzoomに不慣れな私の対応もしてくださりありがとうございました。
今回は、スペインでご活躍されてます小野田先生の貴重な話を聞くことが出来て、とても有意義な時間でした。 半ばで音声が聞こえにくかったのは少し残念でしたが、今後の指圧の道を歩んでいく上で必要な心構えや取り組みを学べて、とても良い勉強になりました。それと同時に自分自身への励みにもなりました。特に、基本の重要性とそれをベースに自分の指圧を作るという事については、絶対忘れないよう日々の指圧で心掛けていきます。次回の【02 指圧っていいとも】にも期待してます。
マッサージと指圧は違う物! 指圧を日本でも、もっと理解して貰えるように技術を磨きたいなぁと思えるお話しでした。 また操体法ももっと詳しく勉強したいなと思いました。 アミケンさん是非セミナー開いて下さい。

>> 次回放送予定はPeatixをフォローしてください
>>オンライン・トーク番組『指圧っていいとも!』を企画しました

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。編集者 & セラピストのパラレルキャリア。
厚生労働大臣認定 あん摩マッサージ指圧師 / 合同会社GX代表 / アミケン編集塾 塾長 / PRSJ認定PRプランナー / 日本指圧専門学校 61期卒 / 趣味:阿波おどり
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー