サンドイッチ、パスタ、丼…「ほぼカニ」を活用した簡単レシピ3例

操体サロンのアミケンです。

口の中でふわりとほぐれる繊維感、圧倒的なジューシーさで「限りなくカニに近い!?」と話題の「ほぼカニ」を活用したお手軽料理を3つほど自作してみたところ、SNSでスマッシュ反響を得ましたので、そのレシピをご紹介します。

いずれも「ほぼカニ」を○○に○○しただけ。
こだわりもコツもほぼ不要です。明日にでも気軽にトライしてみてください。


ほぼカニたまサンド


01_sand.jpg
タマゴサンドイッチに、ほぼカニを乗せただけの「ほぼカニたまサンド」です。
私は生たまねぎのシャキシャキ感を味わいたいので、自分でタマゴサンドを作ってみましたが、市販のものでもOKです。

<材料(2人分)>
・卵:2ヶ
・たまねぎ:1/3ヶ
・マヨネーズ:大さじ2~3(お好みで)
・食パン:1斤
・ほぼカニ:1パック

<作り方>
・ゆで卵をつくり、細かくきざみます。
・たまねぎを角切りにきざみ、卵、マヨネーズと和えます。
・食パンでタマゴとほぼカニをサンドし、耳をおとせば完成。


ほぼカニパスタ

02_pasta.jpg
KALDIの「カニの冷たいパスタソース」とほぼカニをコラボさせただけの「ほぼカニパスタ」です。
お好みでネギ、シラスなどをトッピングしても美味しいです。

<材料(2人分)>
・パスタ:200g
・ほぼカニ:1パック
・カニの冷たいパスタソース(KALDI)
・きざみネギ:適量
・シラス:1パック

<作り方>
・パスタソースは事前に冷蔵庫で冷やしておきます。
・パスタを茹でたら、冷水でしめます。
・パスタソースをかけ、ほぼカニとトッピングをのせたら完成。


ほぼカニ丼 + ほぼカニみそ


03_don.jpg
白いごはんに、ほぼカニをのせただけ。
市販のカニみそをトッピングすると、より「カニ感」が増します。
私は豆腐、ひじき、味噌を使って「ほぼカニみそ」を自作してみました。


<材料(2人分)>
・白ごはん:1.5合
・ほぼカニ…1パック
・きざみ青ネギ…適量
・きざみみょうが…適量
・酢醤油…お好みで
・カニみそ…お好みで
・ほぼカニみそ…お好みで

<作り方>
・ほぼカニみその作り方はこちら
・白ごはんに、ほぼカニ、カニみそ、ほぼカニみそ、その他トッピングののせ、酢醤油で味をつけて完成。
・一緒に「ほぼホタテ」の醤油バター焼きも合います。


いかがでしたでしょうか?
いずれもとても簡単に見えたと思います。実際、とても簡単です。
他にもチーズトーストにのせてみたり、おでんの具にしてみたり、サラダにのせてみたり、いくらでもバリエーションがだせそうですよね。
ぜひ色々試してみてはいかがでしょうか。

以上、操体サロンのアミケンでした!

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。さすらいの編集者 & 操体インストラクターのパラレルキャリア。
合同会社GX代表 / オウンドメディア勉強会幹事 / PRSJ認定PRプランナー / 趣味は旅とテニスと料理とサルサ
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー