好きな本、思い出の本、気になる本…を紹介しあう「原宿ブック倶楽部」

編集者をやってる友人からの持ちこみ企画【原宿ブック倶楽部】を毎月1回のペースで原宿にて開催しています。2015年の春からスタートし、先日1周年をむかえました!

hbc01.jpg


ひとり1冊ずつ本を持ち寄って、

・持ってきた本の紹介(2~3分)
・その本をもとにフリートーク(3~5分)
・推薦者への質問、その作家さんならこれもおすすめ…

というサイクルで、お茶とお菓子をつまみながらワイワイとやってます。

一般的な読書会のような意識高い系じゃないので、うまく説明できなくても問題ないですし、崇高な文学モノの紹介じゃなくてもOKなかんじです。


ちなみに、第1回目のラインアップはこんな感じでした。

hbc02.jpg


『ジュトン』望月あきら / 少年チャンピオンコミックス
『聲の形』大今良時 / 週刊少年マガジンKC
『ぼくのメジャースプーン』 辻村深月 / 講談社文庫
『エンキョリレンアイ』 小手鞠るい / 新潮文庫
『風が強く吹いている』 三浦しをん / 新潮文庫
『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』森下典子 / 新潮文庫
『ものぐさ自転車の悦楽 ~折りたたみ自転車で始める新しき日』 疋田智 / マガジンハウス

古いコミックから、最近の小説、実用書までジャンル自由!
紹介者さんのキャラに応じて、個性的なセレクションになりました。
しかしながら、みなさんそれぞれの発表に感心をもって、質疑応答タイムは盛り上がり、新たな本との出会いを楽しんでいました。

参加者の声

いや~、想像をはるかに超えた楽しさで、あっと言うまに時間が過ぎてしまいました。それぞれの思いやこだわり、ときには人生の一部がつまった本が並んでいるのを見て、本っていいなと改めて思いました。ありがとうございました! 今年は私もたくさん本を読むぞ、といまからウズウズしています。

主催者のコメント

hbc03.jpg
あらためて、読書の楽しみはひとそれぞれだなと思いました。 「本との付き合い方」は、面白い本、役立つ本を知る→読む…というだけではないと改めて分かったことが、この会を続けていくうえでの大きな収穫になりそうです。 自分の読書熱を冷まさないためにも、定期的に開催できる会にしたいです。

原宿ブック倶楽部は、(ほぼ)毎月第3水曜の夜に開催中

本が好きな方、 人にすすめたい本がある方、 本について語りたい方、 本好きの友人がほしい方、 最近読書してないけど読みたいなという方、 積ん読ばかり増えて読書のきっかけが欲しい方、 なにかおもしろい本を教えてほしい方、 ほかの人の読書の感想を聞きたい方、 読書を趣味にしたい方 ...etc.

どなたでも、ぜひご参加ください。

楽しくゆるく交流したい方向けです。主催サイドもゆるゆる運営です。
ふだん読書しない方も、この会のために1冊読もう!みたいなサークル的感覚でどうぞ。

ご興味のある方は、facebookイベントページから参加表明していただくか、操体サロンの問合せフォームからご連絡ください!

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。編集者 & セラピストのパラレルキャリア。
合同会社GX代表 / オウンドメディア勉強会幹事 / PRSJ認定PRプランナー / 趣味:阿波おどり
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー