まもなく横浜展!平日は行列3分でスイスイのスター・ウォーズ展。土日祝は2時間半待ちの混雑らしいです。

操体サロンのアミケンです。

スター・ウォーズ展」を観てきました。
休日(週末・祝日)は、入場まで2時間~3時間の行列ができていたみたいですが、平日だとチケット購入から入場まで約3分ほど。会場内もスムースに動けました。

starwars01.jpg

私のスター・ウォーズへの想い入れ度は、旧3部作(エピソード4~6)と、新3部作(エピソード1~3)はいちおう一通り観た「普通のファン」……というレベルなんですが、とても楽しめました(^^)

途中、アナキン・スカイウォーカー(のちのダース・ベイダー)とパドメ・アミダラのテーマ曲「Love Across the Stars」が、映像とともに流れているブースがあるのですが、あの哀しい運命劇を思い出してしまって、思わず涙腺がウルっときてしまう……くらい、臨場感のある演出が素晴らしかったです。

↑これですね。
スター・ウォーズでのナタリー・ポートマンのヒロインっぷりは、あらゆる映画の中で最高レベルなんじゃないでしょーか。(※個人の意見ですw)


なお、六本木ヒルズ屋上のスカイデッキでは、等身大のダース・ベイダーと記念撮影ができるようになっていました。
(スカイデッキにはスター・ウォーズ展と別途500円の入場料が必要です)

会場のスタッフが公式カメラによる撮影をした後、持込みカメラによる撮影も無料でしてくれます。
公式カメラの写真は販売もしていますが、購入は任意とのこと。


starwars02.jpg


第1作が上映された1977年といえば、ちょうど私が生まれた年。
これほど壮大な世界観、ストーリーで長く愛される作品って凄いですよね。
今年の12月には、新しい3部作のエピソード7『フォースの覚醒』が公開されるということで、また改めてエピソード1~6を見直したくなりました。

操体サロンでは、読書会(原宿ブック倶楽部)やアロマ会などの交流イベントを開催していますが、スター・ウォーズ会も企画してみましょうかね~。

※追記
横浜そごう美術館での横浜展は2015年11月25日(水)~2016年1月5日(火)まで開催。

操体法とは / What is "SOTAI"?

操体(そうたい)は、気持ちよく身体を動かすことにより、筋肉の緊張をほどき、ボディバランスを正し、自律神経の働きを調整していく健康療法です。 私の曾祖父、橋本敬三(仙台の医師)が考案しました。 クスリや道具を使わず、刺激を与えず、副作用がないのも特徴です。

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。さすらいの編集者 & 操体インストラクターのパラレルキャリア。
合同会社GX代表 / オウンドメディア勉強会幹事 / PRSJ認定PRプランナー / 趣味は旅とテニスと料理とサルサ
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー