中盛祐貴子先生をゲストに「指圧っていいとも!」配信しました。

指圧っていいとも! 中盛先生
指圧の魅力を発信するオンライン・トーク番組『指圧っていいとも!』第2回目を配信しました。
ゲストには祐泉指圧治療院の中盛祐貴子先生(日本指圧専門学校49期)をお招きしました。

主なトピックは下記の通りです。

● コロナの影響で自費(自由診療)と訪問マッサージの比率が変わってきた。
● コロナの影響で患者の年齢層も変わってきた。
● 患者へのケアとして、コロナ対策キットを郵送していた。
● 患者向けの自己指圧講習も実践中。
● 日本指圧協会、日本指圧学会、日本指圧専門学校同窓会の違いについて。
● 日本指圧協会主催の「夏期大学」はZoomによるオンライン開催を検討中。
● 日本指圧学会は冬開催実現にむけて検討中。オンライン開催かも?
● 鍼灸師の中で、電気手袋を使ったマッサージが流行中?
● いま注目してるのは漢方「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」
● コロナ禍だからこそ、末梢のむくみ・炎症対策に注目中。
● リンパドレナージを学んだきっかけは、婦人科系がんの患者を治したいから。
● 日々の施術で心がけているのは「心の指圧」も忘れないこと。

録画版(フルバージョン)はYouTubeでご覧いただけます。

ご覧になった方は、今後の番組配信に向けて参考にさせていただきますので、アンケートへの回答をお願いします。ゲストへの追加質問も受付けています。何卒ご協力よろしくお願いします。

視聴者の声(アンケート回答より抜粋)

素晴らしいお人柄の先輩のお話を聞けて感激しました。 指圧が上達するよう、(心の指圧も)頑張ります
いろいろなお話を聞くことができて良かったです。ありがとうございました。
面白く、楽しく、学べました。今後を期待します。
お疲れさまでした! 中盛先生の意欲と思いに、とても励まされました とてもわかりやすく、指圧師でなくても興味深く拝聴できました。ご自身が罹患されたからこその実体験に基づくお話も説得力があり、美容サロンでなんとなく受けたことがあったリンパドレナージュのことも、ちゃんと知りたくなりました。
指圧の施術の奥行きを感じ感動しました。 身体と心の指圧素晴らしいです。 ありがとうございました。
初めてzoomを使いました。最初入り方がわからず手間取りました。次回も宜しくお願いします。
中盛先生のお話、とても勉強になっただけでなく、心に響く物がありました。 まず、漢方に秘められた可能性がというものが自分の想像をずっと越えていたと改めて思いました。 また、鍼灸に対する挑戦心は、自分自身へのよい励みになります。 そして、自分も、身体の指圧だけでなく心の指圧も出来る施術師を目指して頑張ります! また次回も期待してますね!
協会など組織の違いがよく解りました。資格取得後も頼れる先生方、組織があるのは心強いと感じました。
録画ビデオありがとうございました。 待望の中盛先生をゲストという事もあり、テンションが上がりました。 コロナウイルスの影響による変化やオススメの漢方など、勉強させていただきました。 とても励みになります。今後とも宜しくお願い致します。
コロナ対策キットやZOOMを使った自己指圧指導のアイディアなど、社会情勢に合わせて柔軟に対応されているお話が参考になりました。患者さんに会えなくても、体に触れることができなくても、施術家としてできることはあるのだなと感銘を受けました。特にコロナ対策キットは無償で、患者さん一人ひとりに合わせた内容で送付されていたとのこと。普段から心を配ってお体の状態を把握されているからこそできることで、この状況の中で少しでも心地よく居られるようお一人お一人のことを考えていらっしゃるからこそのアイディアなのだろうと思います。医療に関わる仕事を志すものとして、中盛先生の姿勢に背筋が伸びる思いがしました。今回の企画まで失礼ながら中盛先生を存じ上げなかったので、お話をお聞きできて大変よい機会でした。事務局の皆様いつもありがとうございます。

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。編集者 & セラピストのパラレルキャリア。
厚生労働大臣認定 あん摩マッサージ指圧師 / 合同会社GX代表 / アミケン編集塾 塾長 / PRSJ認定PRプランナー / 日本指圧専門学校 61期卒 / 趣味:阿波おどり
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー