ジョジョの「波紋」が「操体」っぽい?

こんにちは、アミケンです。

先日、操体サロンに来られたお客さまが、帰り際にふと、こうおっしゃったのです。


「アミケンさんって、ジョジョに似てますよね?」


え?!


ジョジョに・・・にてる!!?


あの~・・・


「どのジョジョでしょうか?(笑)」


jojo001.jpg


ここでいう「ジョジョ」というのは、荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」というマンガのことなのですが、1987年から現在にいたるまで、8シリーズにわたって連載されている長編マンガでして。主人公の「ジョジョ」もシリーズごとにイギリス人だったり、日本人だったり、イタリア人とのハーフだったり・・・と代々バトンタッチしているのです。


まぁ、いちおう全てのジョジョたちは、血縁関係があるので、それぞれ似ているワケではありますけれど(^^;)


そのお客さまいわく、

「あの~・・・ほら、金髪で、髪が短くって・・・」

というヒントはもらえたものの、ジョジョの中で金髪といえば第5部のジョルノ・ジョバーナですが、髪が短いワケじゃないし・・・もしかしてジョルノの父にあたるDIOのことかな? とかとか、探ってみたものの、けっきょくわからずじまい。
(そもそも、自分がDIOっぽいという自覚ゼロ)


「ジョジョの奇妙な冒険」は、個人的に大好きなマンガなので、嬉しかったですけどね!


操体サロンのジョジョ風イラストについて


操体サロンのポスターや、ショップカードにプリントしているイラストは「ジョジョ風」に描くのが得意なイラストレーターのTAKUMIさんに描いていただきました。

「自己治癒力を最大化し、生命エネルギーが満ちあふれるかんじ」という操体のイメージを具現化してもらったのです。

「イラストのキャラクターは、アミケンさんがモデルなんですか?」という質問もたまにもらいますが・・・私からTAKUMIさんにオーダーした時は「特定の誰かということではなく、男女ともに共感できるようなイメージで!」とお伝えしました。

TAKUMIさんが、私の写真を参考にしたかどうかは・・・どなたかご本人にきいてみてください(笑)

生命エネルギーといえば、第5部の主人公ジョルノのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」の能力なので、TAKUMIさんにはジョルノを意識して描いてもらえたのかな~と、個人的には思ってます。

「波紋」っぽい?

ジョジョの第1~第2シリーズで、主人公が使う特殊能力で「波紋(はもん)」っていうのがあるんですね。悪役の吸血鬼たちをやっつける「太陽のエネルギー」とか「仙道パワー」として紹介されているのですが、それがチョット「操体法」っぽいよね~?・・・という声もあったりします。そのへんは、またの機会に共通項などをまとめてみたいと思います!

>>新ジョジョゲーム「アイズオブヘブン」体験 in 池袋J-WORLD TOKYO

操体法とは?

操体(そうたい)は、気持ちよく身体を動かすことにより、筋肉の緊張をほどき、ボディバランスを正し、自律神経の働きを調整していく健康療法です。 私の曾祖父、橋本敬三(仙台の医師)が考案しました。 クスリや道具を使わず、刺激を与えず、副作用がないのも特徴です。

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。編集者 & セラピストのパラレルキャリア。
合同会社GX代表 / オウンドメディア勉強会幹事 / PRSJ認定PRプランナー / 趣味:阿波おどり
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー