医療メディア「m3.com」のディレクターに就任しました

m3
ご報告です。このたび医療メディア「m3.com」のディレクターに就任しました

m3.comはエムスリー株式会社(東証1部)が運営する、医師を中心とした医療従事者のための専門サイトです。
医療ニュースをはじめ、臨床現場で役立つ情報や、医師のライフスタイルに関するコンテンツ等を配信しており、国内の医師の8割以上に当たる27万人が登録している、医療業界でとても大きな影響力のあるメディアです。

かねてから、編集者としての経験と、医療の知見を融合した活動に挑戦したいと考えていましたので、今回m3.comからお声がけいただき、大変光栄でワクワクしています。
現在医療現場およびスポーツ医療に関わっている方々には、インタビューや監修等を依頼させてもらうことになりますので、どうぞよろしくお願いします!

以下、医療業界における私の課題感について述べさせていただきます。
(少々長くなるので、興味のある人だけご覧ください)


健康・医療界の課題


2015年の厚生労働省発表によると、日本の医療費は現在約42兆3644億円にのぼっています。これはGDPの約8%、国家予算の4割超にあたる巨額です。しかもこの額はまだ増加傾向にあります。
医療費の推移

その要因は色々ありますが、シンプルに言うと、私たちは何らかの病を患ってから、医療機関に「なんとか治してもらおう」と頼りきってしまっているのが大きいのではないでしょうか。
特に老化にともなって、筋力・骨力・免疫力などが落ちてから、病と闘うのは大変です。これからますます高齢化社会を迎えていくからこそ、若く「未病」のうちに健康について正しい知識を得て、正しいヘルスケアができるようになっておくことが大事ですよね。

ミッション

今回、私がお手伝いすることになったm3.comには、以下のミッションがあります。

わたしたちの目指すもの
インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を1人でも増やし、不必要な医療コストを1円でも減らすこと

私が操体法や指圧を世に普及・伝導しようとしている目的も、「健康で楽しく長生きする人を1人でも増やし~」というm3.comのミッションと合致します。

これまでの編集者としての経験と、国家資格「あん摩マッサージ指圧師」という医籍取得のために学んだ(& 学んでいる)医療・福祉の知識を、m3.comで活かしていきたいですし、m3.comのお仕事で吸収できることを、これまでの活動にもフィードバックしていきたいと思います。

なお、現在担当させていただいているキャリア系メディア、暮らし系メディア、マネー系メディアの編集・執筆活動およびSOTAI SALON TOKYO、その他勉強会等のコミュニティ活動も続けていきますので、引き続きよろしくお願いします!

この記事の筆者

鈴木健介(アミケン) / Kensuke Suzuki

1977年 大阪生まれ。編集者 & セラピストのパラレルキャリア。
合同会社GX代表 / アミケン編集塾 塾長 / PRSJ認定PRプランナー / 日本指圧専門学校 61期生 / 趣味:阿波おどり
操体法は 私の曾祖父、橋本敬三が考案した健康法です。
SOTAI is a movement therapy that was invented in Japan to heal your body naturally.

バックナンバー